教えて!東大生!「最近美術館行った?」

2011.09.21 東大生に聞いてみた Facebook Twitter Line

東大生以外のメルマガ会員も多い東大ナビ。わざわざ登録頂いているからには「東大ってど~よ?」と様々な疑問をもっている方もいらっしゃるんではないでしょうか。そんな疑問に現役東大生がお答えするのがこのコーナー。教えて!東大生!

最近美術館行った?印象に残っているのは誰の作品?

☆昨年は上野や六本木の美術館をはじめとし、イタリアに旅行してウフィッツィ美術館やバチカン美術館をめぐるなど、いろいろな美術館に足を運びました。

身近な美術館で特に印象深かったのは、国立新美術館で開かれていた「オルセー美術館展2010」です。本郷や駒場からも近くて行きやすい場所なうえに、モネ・ゴッホ・セザンヌなどの有名な作品が多数終結していて、とても楽しめました。そのなかで一番印象的だったのは、フィンセント・ファン・ゴッホの「星降る夜」です。暗闇に黄色い星々がこうこうと光り、また街からこぼれる明かりが水面にのびる様子がなんとも言えません。小さいころからずっと好きな作品で、いつ見てもやはり感動します。作品は夜空の色と明かりの色がほとんどで決してカラフルではありませんが、その対照性と、シンプルな色づかいから生まれる物悲しさが、とても美しいと思います。それから、その日はアンリ・ルソーの「蛇使いの女」にもとても惹かれました。面白い場面設定・構成と不思議な立体感に、なぜかとても釘づけになってしまいました。(理科1類2年)

【質問募集中】

みなさんからの質問も受付中。採用者には東大クラッチバックをプレゼント!(採用倍率低いですよ~)

TOPへ戻る