講演・セミナー等 講演・セミナー等

GraSPP公共政策トーク「公共政策のキャリア」

2020.06.16(火) 申込締切日 2020.06.16(火) 学外からもOK Facebook Twitter Line

イベント概要

公共政策にはどのようなキャリアがあるだろうか?省庁や政府機関、国際機関、NGOといった従来の仕事に加え、企業における公共政策関連ポジションも増えている。今回は省庁、政府機関、国際機関、NGOと民間企業両者のポジションでキャリアを築かれている3名のゲストをお招きして、公共政策のキャリアと仕事について話を伺います。

登壇者プロフィール

小笠原由佳
社会変革推進財団インパクトオフィサー
東京大学教養学部、プリンストン大学ウッドローウィルソン公共政策大学院修了。国際協力銀行にて、中央アジア・中東欧向け円借款・国際金融業務、ベイン・アンド・カンパニーにて、経営コンサルティング業務とプロボノ事業の立ち上げ、子どもの関連NPOへの支援を担当。JICAにてインド・トルコ・インドネシア向け援助業務に関わった後、社会変革推進財団(SIIF)に参画。SIIFでは、インパクト投資や休眠預金活用事業に従事。6歳3歳児の母。

岸谷美穂
Zホールディングス株式会社 政策企画統括部執行役員付参事
英ブラッドフォード大学大学院修了(紛争解決学修士)。15年以上にわたり官民において、社会課題を起点とした事業戦略の策定、事業立案・運営、渉外業務に従事。大学卒業後、NGO職員として東チモールやイラク等の紛争地帯における人道支援事業を統括、国連職員としてエルサレム(UNRWA)、ニューヨーク(UNICEF)、神戸(WHO)に駐在し渉外業務を担当。米国系会計ファームにて戦略コンサルタントを務めた後、現職。

松田友加里
アマゾンジャパン合同会社渉外本部公共政策本部長
東京大学経済学部、ペンシルバニア大学デザインスクール修了(都市計画修士)。12年間、国土交通省にて、道路・住宅・空港等のインフラ政策立案、法律・予算・税制業務に従事。空港民営化を皮切りに、省の官民連携政策の推進、海外インフラに日本企業と共同出資する政府系ファンド(JOIN)への出向、大規模民間都市開発促進業務の統括を経験。通信会社にて自動運転に係る渉外業務に関わった後、2019年9月より現職。

インフォメーション

日時 2020年6月16日(火)
18:45 ~ 20:00
場所 オンライン開催
事前申込
※イベント当日の正午までにお申し込みください。
申込方法 https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=T6978HAr10eaAgh1yvlMhD9-fmQpJY9AiJRHeKwgWFJUOUoxSVBPN0hTREZXWERDS1U1MTRaQ1FQVi4u
参加費 無料
URL http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/en/events/2020-05-27-25182/
主催 東京大学公共政策大学院
問い合わせ graspp.pr*pp.u-tokyo.ac.jp(*を@に置き換えてください)
TOPへ戻る