講演・セミナー等 講演・セミナー等

東京カレッジ・ワークショップ「コロナ危機を文化で考える―アイデンティティ、言語、歴史―」

2020.06.16(火) 学外からもOK Facebook Twitter Line

イベント概要

コロナ危機について、東京カレッジ所属研究者が3つの視点から自らの知見を披露し、意見交換を行います。新型コロナウィルスが世界を脅かす一方で、危機に対する社会の反応は、国や地域によって異なっている。その違いには、それぞれの国の文化や歴史的背景が反映されている。新型コロナウィルスを想定した「新しい生活様式」を模索する中で、本ワークショップでは、コロナ禍で浮き彫りになった文化・歴史的背景と、それが政策や世論にもたらす影響を考えたい。

登壇者:Michael Facius, Shakuto Shiori, Marcin Jarzebski, Viktoria Eschbach-Szabo, Maria Telegina, Wang Wenlu, HANEDA Masashi, Michael Roellinghoff, Andrew Gordon(全員、東京カレッジに所属する研究者です)

Click here for the English version.

インフォメーション

日時 2020年6月16日(火)
15:00 ~ 18:00
場所 Zoomを用いた学術的なワークショップ。
ご登録いただいた方に、Zoomのリンクをお送りいたします。
対象 一般向け
言語 英語(通訳はありません)
事前申込
申込方法 https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_-ao3EpxGQ6qtIAzd0NwO4g
オンラインイベントの直前になりましたら、ご登録いただきました方にZoomのリンクをお送りいたします。
URL https://www.tc.u-tokyo.ac.jp/ai1ec_event/1770/?instance_id=121
主催 東京大学国際高等研究所 東京カレッジ
問い合わせ 東京カレッジイベント事務局
tcevent*graffiti97.co.jp(*を@に置き換えてください)
TOPへ戻る