東京大学公式の情報サイト「東大ナビ(UTokyo navi)」は、本学の部局や研究所が開催する多彩なイベントの情報を集約し発信しています。

4月, 2019

94月 - 167月4月 94:50 pm7月 162019年度Sセメスター学術俯瞰講義「新しい医療が社会に届くまで ~データサイエンスが支える健康社会~」(学術フロンティア講義)(4月 9) 4:50 pm - (7月 16) 6:35 pm 東京都目黒区駒場3丁目8番1号対象:学内者向けイベント

more

イベント内容


大学1、2年生のみなさんにとって、これからの進路や履修についての参考にもなる、学術俯瞰講義を紹介します。

学術俯瞰講義は、文系・理系の枠を超えて「知」の大きな体系や構造を俯瞰的な視点で捉えてもらうための講義です。大学1、2年生向けの講義です。今回は「データサイエンス」をテーマに様々な学部の先生方のお話を聞くことで、この分野の全体像や他の分野との繋がりを見ていきましょう。

この講義を受講することで……
・幅広い分野の先生方に講義の内容だけでなくいろいろな質問をすることができます。ディスカッションが予定されている回もあります。
・多角的な視点を知ることで、みなさんの今後の進路や、どの授業を履修していけばよいかの参考になります。
・学術俯瞰講義の多くの講義はUTokyo OCW(https://ocw.u-tokyo.ac.jp/)で公開されていますが、公開時にはカットされてしまう未発表の最新の研究成果に関するお話なども、講義では全て聞くことができます。

*講義概要*
 日々、進歩を続ける医療は、人を対象とした研究の成果を通してその技術が確立し、我々のもとへと届けられています。一言で研究と言っても、ゲノム情報を用いた研究から新薬開発のために実施される治験、更には、市販後の最適な治療法の評価、開発時には検出が困難な副作用に関する薬剤疫学研究、医療経済性の評価など、その種類は非常に多様なものです。そのため、医学のみならず、薬学、生物学、工学、経済学、統計学など様々な学問の専門家が関わって実施されています。

 一方で、全ての研究で共通していることは、それぞれで必要なデータを計画的に収集し、解析し、データに基づいた意思決定を行っているということです。近年、データサイエンスという新しい科学研究の方法論が注目を集めていますが、医療という分野は比較的古くからデータサイエンスを実践してきたとも言えます。本講義シリーズでは、薬や治療が社会に届くまでの全体像を俯瞰し、実際に研究に関わっている方からの話を伺うことで、健康社会を支える様々な学問の貢献を考えていきます。

・新しい医療の開発と関連する様々な学問 (情報学環 大庭 幸治)
・医療におけるデータサイエンス (医学部 松山 裕)
・ゲノム情報と人工知能を用いた新しい時代のがん医療 (医科学研究所 井元 清哉)
・「薬が効く」ことを政府が「認める」とはどういうことだろう? (薬学部 小野 俊介)
・再生医療の治療開発について (理化学研究所 高橋 雅代)
・臨床試験の実施と解釈 (中央大学理工学部 大橋 靖雄)
・アカデミアで行う臨床研究の意義 (国立がん研究センター 藤原 康弘)
・医療ビッグデータを用いた医薬品等の安全性評価(薬剤疫学)について (医学部附属病院 小出 大介)
・質量分析と機械学習を融合したがん診断装置の開発:学際的研究から産学連携へ (山梨大学医学部 竹田 扇、早稲田大学理工学術院 田邉 國士)
・臨床疫学―医療の不確実性に挑む科学 (医学部 康永 秀生)
・命とオカネ、くすりとオカネ…くすりの費用対効果とは? (薬学部 五十嵐 中)
・新しい医療や情報をどう患者や市民に届けるか (国立がん研究センター 高山 智子)

内容
火曜5時限(16:50-18:35)
コーディネータ:松山 裕(医学部)
ナビゲータ:大庭 幸治(情報学環)
講義期間 4月9日(火)~7月16日(火)
単位 2単位(合否判定)

場所
駒場Iキャンパス 21KOMCEE West レクチャーホール

対象
学内

事前申込
不要
*履修希望者は、UTASにて履修登録を行ってください。

参加費
無料

詳細
学術俯瞰講義URL https://www.gfk.c.u-tokyo.ac.jp/

2019S_データサイエンスポスター

時間

4月 9 (火曜日) 4:50 pm - 7月 16 (火曜日) 6:35 pm

会場

駒場Iキャンパス 21KOMCEE WEST

東京都目黒区駒場3丁目8番1号

コメントは受け付けていません。