東京大学公式の情報サイト「東大ナビ(UTokyo navi)」は、本学の部局や研究所が開催する多彩なイベントの情報を集約し発信しています。

3月, 2019

113月1:00 pm- 6:00 pmシンポジウム 学生たちの戦後1:00 pm - 6:00 pm 対象:一般向けイベント

more

イベント内容


2015年夏、国会前を取り巻いたデモをリードしたSEALDsの中核に東大生はいなかった。それは、半世紀前に同じく国会前を取り巻いた60年安保の学生運動の中核を東大生が占めていたのとは大きな違いである。この半世紀、「運動する学生」は、そのスタイルのみならず、担い手自体が大きく変化したのだ。今では、半世紀前の大学生がどのような存在だったのかを想像することすら難しくなりつつある。だが、矢内原忠雄が東大総長を退任してから世を去るまでの数年間、最も注力していた矢内原学生問題研究所の膨大な資料群は、1960年安保前後の大学生たちの姿をアンケート調査やヒアリング、資料収集を通じて生々しく浮かび上がらせている。また、この研究所を支援していたアジア財団が、米国CIAと深い関係にあったことは、反米基地闘争や学生運動が盛んだったこの時代、アメリカ政府が日本の学生たちにどのような眼差しを向けようとしていたのかを推察させる。本シンポジウムでは、学生問題研究所の膨大な資料のデジタル・アーカイブ化を軸に進めてきた共同研究を東大出版会からの書籍にまとめていくのに先立ち、同研究所資料から浮かび上がる60年前の大学生たちの姿について広く議論したい。また、1960年安保闘争で国会突入に加わり、1968~69年の東大紛争でも全学助手共闘会議の中心にいた最首悟氏にもご登壇いただき、1960年前後の大学生の姿についてお話をお聞きしていく。

日時
2019年3月11日(月)13:00〜18:00

場所
弥生キャンパス 弥生講堂 一条ホール

対象
一般

事前申込
不要

参加費
無料

・主催:東京大学大学院情報学環吉見俊哉研究室
・協力: 東京大学文書館

pos-20170217-front-rev

pos-20170217-back-rev

時間

(月曜日) 1:00 pm - 6:00 pm

コメントは受け付けていません。