東京大学公式の情報サイト「東大ナビ(UTokyo navi)」は、本学の部局や研究所が開催する多彩なイベントの情報を集約し発信しています。


新入生のみなさん、東大でのキャンパスライフには慣れてきたでしょうか?今年から105分になった授業、新しい人間関係、サークル活動など、この目まぐるしい一ヶ月は楽しかった反面、そろそろ疲れも出てくる頃かもしれません。今回紹介する「和館裏」は、そんな忙しいキャンパスライフの中でほっと一息をつくことができる素敵な場所です。
正門から食堂に向かい、生協と食堂の間を真っ直ぐ抜けて、書籍部のはす向かいに位置するのが、「駒場コミュニケーションプラザ和館」です。この和館の正面の入り口に入るのではなく、建物に沿ってぐるりと進んでいくと、庭に接する縁側に到着します。ここが「和館裏」です。和館の部屋の利用には申請などが必要ですが、ここ「和館裏」はいつでも自由に出入りすることができます。キャンパスの喧騒から少し離れた場所にあるこの静かな縁側は、休み時間やお昼休憩のときにくつろげる絶好の場所です。友達同士やカップルでの利用はもちろん、一人でゆったりと読書をするにも最適です。天気が良い日にはここでお昼寝をしている人も多いようです。「午前中の空きコマに読書がしたい」「授業が休講になったのでゆっくりできる」そんなとき、この和館裏を覗いてみると、広いキャンパスの中に自分だけのお気に入りの場所ができるかもしれません。
「駒場コミュニケーションプラザ」は和館以外にも、広々とした多目的教室やピアノが使用できる音楽実習室などがあり、課外活動に欠かせない場所となっています。団体での利用が無いときには個人利用も可能なので、ぜひ一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

和館