東京大学公式の情報サイト「東大ナビ(UTokyo navi)」は、本学の部局や研究所が開催する多彩なイベントの情報を集約し発信しています。


こんにちは。早いものでSセメスターももう折り返し地点。東大生の皆さんも授業や生活に慣れてくると同時に、いわゆる「五月病」からも脱し、これまでとは違う新しい刺激を求める時期でもあるのではないでしょうか。今日は、そんな皆さんのために、東大TVをご紹介したいと思います。今回は、東大TVの担当者の方にインタビューして、東大TVとマスコットキャラクターぴぴりの実態に迫ってみました。

東大TVについて

Q.東大TVはどんなサービスですか?
東大TVは、公開講座やシンポジウムなど、正規授業ではない講演の映像を誰でも無料で見れる動画配信ウェブサイトです。

東大TV ウェブサイト

東大TV ウェブサイト

 

Q.東大TVは、いつ、なぜ、設立されたのですか?
A.東大全体のICT(Information, Communication, and Technology)を活用した教育環境の改善を目指すプロジェクトの一環として、東京大学で生まれる「知」を広く提供するために2005年12月に開設されました。2000年代に世界で盛んになった、大学の授業や教材などのオンライン公開を行う「オープンエデュケーション」の影響を受けています。実は、東大ナビも同じ目的(教育機会のオープン化)で設立されたんですよ。

Q.どんな動画があるんですか?
A.オープンキャンパスの模擬講義や、東大で行われた様々なシンポジウム、ノーベル賞受賞者の講演会など、多彩な動画を公開しています。また、研究倫理や情報セキュリティ教育など学内研修のプラットフォームとしても一役買っているんですよ。

Q.東大TVのウェブサイトを見たところ、一般の動画配信の他に「特集」というページを見つけたのですが、どんな時に活用すると良いのですか?
A.東大TVにはいろいろな動画があります。「こんな動画が見たい」という明確な目的がある場合はキーワード検索がおすすめですが、「なにか見たい、けどなにが見たいかわからない」というときには特集ページをご覧いただくのがおすすめです。現在では、だいたい2ヶ月に1度のペースで特集を更新しています。例えば、最近公開した特集『平成悲喜こもごも』では改元に合わせて、バブル崩壊、災害、インターネットの発達など終わりゆく「平成」にまつわる動画を紹介しました。特集はまだ30ほどしかありませんが、ぜひ興味があるテーマを見つけてみてくださいね!

Q.今後収録したいイベントや分野はありますか?
A.芸術、数学、スポーツなどに興味があります。この手の分野はまだ動画が少ないかなと思うので。東大ナビのイベント情報をチェックして、面白そうなイベントや研修を探してみたいと思っています。また、利便性の点でいうと、学生の皆さんや教職員へ向けた研修動画を充実化させれたら良いのかなと思います。今でも、自転車事故防止のための動画や英語論文の執筆についての動画などをアップしています。今後もこのような役立つ動画を増やしていけたらと思っています。

マスコットキャラクター・ぴぴりについて

ぴぴりの身分証

※ぴぴりについては、2年前にも東大ナビでインタビューを実施しています。ぜひこちらの記事も併せてご覧ください。

Q.ぴぴりは近頃どんなことをしているんですか?
A.森に遊びに行ったり、お昼寝をしたりと自由気ままに生活しているようです。オフィスにいる際は、本を読んだり(読めているかは不明ですが)、棚と棚の間に挟まったりしています。年齢はわかりませんが、なんでもやってみたい年頃なのかもしれません。最近はぴぴりの4コマ漫画を東大TVのTwitter(@UTokyoTV)で配信しています。月に一度配信する予定なので、お楽しみに。

Q.ぴぴりはウェブサイトも持っていると聞いたのですが本当ですか?
A.本当です!ぴぴりの広場というウェブサイトがあります。ぴぴりがあまりに気まぐれなので、更新は不定期ですが、東大TVユーザーの憩いの場になればと思っています。質問やメッセージなども随時募集しています。シャイな人が多いのか、お便り少なめですが、ぴぴりはお返事する気満々です!東大TVやぴぴりのことで気になることや感想などがあれば、いつでもお便りをくださいね!ぴぴりと共にお待ちしています。

おたより

Q.最後に、東大ナビの読者に一言ください。
A.東大TVにはおしゃれなPVやMV、ゲームの実況、楽しいアニメなどはないのですが、学びに役立つ動画はたくさん揃っています!まだ見たことがないという方はぜひ一度アクセスしてみてください!

いかがだったでしょうか。インタビューを通じて、東大TVのこと、その魅力がよくわかったのではないでしょうか。授業やゼミといった教室の中ではなく、ちょっとした空き時間や休日の昼下がりなどに、各分野の一流の先生の講義を気軽にさっくり聞くことができそうです。また、これまでにはない新しい分野での気づきを得られるかもしれません。そういう意味で、皆さんにとって「新しい学び」を与えてもらえるかもしれないですね。
私もこの記事を執筆するにあたり、いくつか映像を見てみました。現役東大生や東大教授はもちろんのこと、複数のノーベル賞受賞者や将棋の羽生善治棋士や政治哲学で知られるハーバード大学教授のマイケル・サンデルさんの講演もあり、非常に興味深く思いました。また、私が今セメスターの授業で教わっている先生の講演も東大TVにあり、授業と同じような感覚で動画を見ることができました。自分の専門分野の学習にも役立ちそうだと思いました。
皆さんも、勉強の合間、少し暇な休日などに、是非東大TVのサイトをのぞいてみてはいかがでしょうか?

★東大TV:http://todai.tv
★東大TV/Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/c/UTokyoTV