東京大学公式の情報サイト「東大ナビ(UTokyo navi)」は、本学の部局や研究所が開催する多彩なイベントの情報を集約し発信しています。


新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!そして在校生の皆さんはご進学おめでとうございます! 新入生の皆さんには3月末から4月前半にかけて怒涛のイベントラッシュ(諸手続き・プレオリ・サーオリ・オリ合宿・入学式・新歓)が待ち受けています。そのイベントの一つ『諸手続き』でいつの間にかお知り合いになっていたのが、私たち東大ナビ。私たちは学内のイベント情報の配信や、キャンパス紹介、インタビュー、アンケートなどの特集記事を通じて、皆さんの実りあるキャンパスライフを応援しています。

早速、諸手続きの際に約3,000 もの新入生にご協力頂きまして(お忙しい中ありがとうございました!!)、学生生活への期待や目標をお伺いしました。新年度初めての東大ナビでは、このアンケート結果から新入生の実態を考察していきたいと思います!

Q1.これから学生生活を送る上でどのような情報に興味がありますか?(複数回答可、数字は回答数)

グラフ1:新入生の興味のある情報に関する回答結果

グラフ1:新入生の興味のある情報に関する回答結果

やはり高校生活とは全く状況が異なるキャンパスライフへの興味がかなり高いことが分かります。先輩から話を聞く機会もあると思いますが、入学してみなければ分からないことも多くありますよね。そんなときは、東大ナビを活用してください!

そして2位にランクインしたのはキャンパスライフに直結する東大の施設や周囲の施設に関する情報でした。駒場キャンパス周辺は個性豊かなお店も沢山あり、二年間駒場で授業を受けていても見逃してしまうこともあります!東大ナビでも駒場の飲食店についての記事を掲載しているのでぜひご覧ください!(https://www.todainavi.jp/archive/11598/)

また少数意見として多かったのが『バイト』や『サークルや部活動』『留学』『就活・インターン』『大学院』に関するものでした。 その他の興味についても東大ナビで情報発信していくつもりなので、お楽しみに!

Q.2大学生活で特に力を入れて取り組みたいことはなんですか(複数回答可、数字は回答数)

グラフ2:新入生が力を入れて取り組みたいことの回答結果

グラフ2:新入生が力を入れて取り組みたいことの回答結果

 

大学生活で一番力を入れたいと新入生たちが答えたのは『授業』でした。 新入生の皆さんのやる気がうかがえます。私が1年生だった頃も興味のある授業を片っ端から履修をしましたが、逆に授業に行くことが憂鬱になった時期がありました(これを東大では俗に『4月病』といいます)。皆さんは頑張りすぎないように注意してくださいね!…また在校生の方々は新しい学年に進級することでより発展した内容を取り扱うことになりますよね。今のうちに昨年度の講義などを振り返るなど準備しておくと、スムーズに新学期をスタートできるのではないでしょうか?

またサークル活動に力を入れたい!!と回答してくれた新入生もたくさんいました。東大の授業カリキュラムではクラスメイトと活動を共にすることが多いです。人間関係の幅は広げるために、文系・理系などの垣根を越えたつながりをサークルや部活動で見つけてみてはいかがでしょうか??

さらに、『恋愛』『睡眠』『ボーイスカウト』『国家公務員試験』などの個性の溢れる意見もいただきました!
ぜひ、大学生活をエンジョイしてください!

Q3.東大に最も期待することはなんですか(一つを選んで解答、数字は全体に占める割合)

グラフ3:新入生が東大に期待することの回答結果

グラフ3:新入生が東大に期待することの回答結果

Q2と同様に『授業』に関する項目が一番高かったものの、よく観察すると新入生たちが『多種多様な交流』に期待していることが分かります。東大は世界のトップで活躍する研究者の授業を受けられますし、そうした研究者が参加するイベントや、各界の著名人による講演も多いです。また、高校時代から活躍したり多様な経験を持つ先輩や同級生と交流できるようなイベントもあります。そういったイベントを探すのに、ぜひ東大ナビを活用してくださいね!!

また充実した研究環境に期待をする新入生もいました。研究活動は3〜4年生から始めることが多いですが、『主題科目』や『自主ゼミ』『研究室公開』など様々な手段で研究活動・環境に触れることができますので、積極的に行動してみてはいかがでしょうか?? 東大ナビのTwitterアカウントでも、キャンパス公開などの案内をお知らせしています。気になる方はぜひフォローしてみてください!!

さて、2019年度の新入生意識調査いかがだったでしょうか??新入生の皆さんが大学という新たなステージで果敢に挑んでいこうとする強い意志を感じました。在校生の皆さんの中にも「新学期からは心を引き締めて心機一転した!!」という方は多いと思います。そんな時には『多種多様な交流を強く望む』新入生と積極的に交流してみてはいかがでしょうか。