東京大学公式の情報サイト「東大ナビ(UTokyo navi)」は、本学の部局や研究所が開催する多彩なイベントの情報を集約し発信しています。


Summary

  • 本好きな東大生。月に数冊、おうちで読書。

  • 受験生時代は参考書が戦友。将来は原著に挑戦したい!

  • 村上春樹・ハリポタ・キミスイ・こころ…メジャーな本が人気!


東大生の読書観が知りたい!

「どうしたらそんなに頭良くなれるの?頭の中どうなってるの?」
東大生なら一度は聞かれるこの質問。
読書で脳が物理的に変化することを明らかにした研究(http://advances.sciencemag.org/content/3/5/e1602612.full)に代表されるように、読書で思考力が身につくと言われています。

それでは、イマドキの東大生はどんな本を好んできたのでしょうか?

1ヶ月数冊読む傾向、おうちで読書がお好き?
まず、東大生たちの読書量と読書環境の実態を聞いてみました。

dokusyo_01

月あたりの読書量を尋ねたところ、1〜3冊と答えた層が最も多い結果となりました。また、ボリュームゾーンが2つあり、月に数冊読むライト層と月に10数冊読むヘビー層に分かれていることが示唆されます。
一番良く読書する場所については、過半数の人が自宅と答えました。

dokusyo_02

自宅の中でお気に入りの読書スペースは、デスクが1番でした。筆者は寝床でダラダラ読むのが好きですが、意外とみなさんお行儀が良いのですね。

なにを読んでいる?シチュエーションごとにまとめてみた

読書量がわかったところで次に知りたいのが読書の質。さて、どんな本が東大生に影響を与えているのでしょうか。好きな本を一冊だけ挙げるなら?受験生時代よく読んだのは?リラックスしたいとき、落ち込んだときは?現代を本で例えるなら?これから読んでみたい本は?…以上のシチュエーションのなかで、人気だった本を以下にまとめてみました。


一番好きな本

☆近代文学の名作から話題の新作まで幅広いジャンルを挙げてくださいました。メジャーな作品が多い印象です。

1984年(ジョージ・オーウェル)
・時代を選ばず示唆をくれる。(工学部修士課程院生)
・物事の考え方について当時の自分に別の視点を与えてくれたため。(工学部修士課程院生)
・ディストピア小説の金字塔であり、二重思考やニュースピークなどの設定が魅力的だから。(教養学部文科2年)

ハリー・ポッターシリーズ(J・K・ローリング)
・小さい頃から何度も読み返しているから。(教養学部理科2年)
・幼少期の自分の心を豊かにしてくれたから。(教養学部理科1年)
・子供の頃に一番自分の世界や可能性を広げてくれた作品だったから。(教養学部文科2年)

君の膵臓をたべたい(住野よる)
・驚きと感動があった。(教養学部理科1年)
・面白かった。(教養学部文科1年)
・命の大切さを改めて実感出来るから。(医学部3年)

ゴールデンスランバー(伊坂幸太郎)
・読書が好きになるきっかけになった本だから。(薬学部4年生)
・面白い。(教養学部文科2年)

こころ(夏目漱石)
・表現が巧み。(工学部修士課程院生)
・奥深い。(教養学部3年)

一瞬の風になれ(佐藤多佳子)
・すごく面白いし、いろんなことを教えてくれた本だから。(教養学部理科2年)
・青春を感じる。(理学部4年)

風が強く吹いている(三浦しをん)
・スポーツ物が好きだから。(教養学部2年)
・自分も陸上をやっていたし、仲間と勝利を勝ち取るために練習し、成長する学生たちの姿にとても感動したから。(教養学部文科1年)

深夜特急(沢木耕太郎)
・世界の広さを知れるから。(教養学部文科1年)
・出発前夜の不安定な興奮を思い出させて私を旅へと駆り立ててくれるから。(教養学部理科2年)

図書館戦争(有川浩)
・面白い。(教養学部文科1年)
・初めて買ってもらったライトノベル。(教養学部文科1年)

星の王子さま(サン・テグジュペリ)
・教訓になることが多いから。(教養学部文科2年)
・とても美しい。(法学部2年)

星新一ショートショート(星新一)
・発想力豊かだから。(教養学部理科1年)
・好きだから。(教養学部文科1年)

受験生時代の思い出の一冊
☆大学入試の数学、世界史用語集、青チャート、赤本…。苦難をともにした戦友ともいえる参考書を挙げる方がダントツでした。参考書が読書に含まれるという概念が新しい。また、読書する暇も惜しんで勉強していたとの回答が多かったです。さすが東大生。

こころ(夏目漱石)
草の花(福永武彦)
君の膵臓をたべたい(住野よる)

☆その他
参考書

一息つきたいときに読む本
☆特定の本が読みたいというわけではなく、作者・ジャンルなどの大まかなカテゴリーで本を選んでいることが印象的でした。

村上春樹の本
・小説、エッセイ

星新一の本
・ショートショート

川端康成の本
・雪国

☆その他
推理小説
マンガ
小説

何もかもが嫌になったときに読む本
☆内省的で暗い作風の本がランクインしました。落ち込んだときは暗い空気に包まれたいのでしょうか。

こころ(夏目漱石)
自省録(マルクス・アウレリウス・アントニヌス)
聖書
村上春樹の本
氷点(三浦綾子)

現代を象徴する本
☆筆者はAIに代表されるような技術系の本がランクインすると予想してましたが、意外と思想系の本が上位に挙がりました。また、現代を象徴する本は現代にはないのでは?という厳しい意見も。

村上春樹の本
・色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年
・ノルウェイの森
・1Q84

これからの「正義」の話をしよう(マイケル・サンデル)
動物化するポストモダン(東浩紀)

☆その他
自己啓発本

これから読むのを挑戦してみたい本
☆世界的名著を原著で読みたいという意見が多数挙がりました。

カラマーゾフの兄弟(フョードル・ドストエフスキー)
ハリー・ポッターシリーズ(J・K・ローリング)
モモ(ミヒャエル・エンデ)
失われた時を求めて(マルセル・プルースト)
聖書
日本の思想(丸山真男)


 読書ライフを楽しもう!

いかがでしたか?東大生って一般人には理解できない小難しい本を読んでいる、というイメージがありますが、村上春樹・ハリポタ・キミスイ・こころ…など、意外とメジャーどころを押さえていることが分かりましたね。また、世の中にどんな本があるのか一通り網羅していて、TPOに応じで読み分けていることも知ることができました。
今回のアンケート記事を通して、皆さんの読書欲を刺激できたら幸いです。楽しく読んで楽しく頭良くなっちゃいましょう!