東京大学公式の情報サイト「東大ナビ(UTokyo navi)」は、本学の部局や研究所が開催する多彩なイベントの情報を集約し発信しています。


総合研究博物館

実は東大構内には、博物館があります。それが総合研究博物館です。明治10年の創学以来、東京大学にて蓄積されてきた600万点を超える各種学術標本を中心として、展示が行なわれています。多彩な展示内容に加えて、学内外問わず、入館は無料というのもうれしいところです。

リンク:本郷キャンパスおすすめスポット 総合研究博物館


山上会館

三四郎池を東側から見下ろすようなロケーションに建っている、赤レンガ風の外壁の建物が、山上(さんじょう)会館です。地上2階・地下1階建てで、100人程度を収容できる会議室や宿泊室などを備えています。東大創立100年を記念し、国内外の学術的交流の場として作られたもので、しばしば学内の組織や学会が主催する会議に用いられます。学生にはあまり馴染みのない建物です。


陸橋

本郷キャンパスと弥生キャンパスは、言問通りと呼ばれる道路によって二つに分断されています。地続きではないので、本郷と弥生の行き来のためには一度キャンパスの外に出なければいけない……かというと、実はそうでもありません。言問通り上、本郷キャンパスと弥生キャンパスの間を、歩道橋がつないでいるんです。その名もズバリ「陸橋」。学生の間では「ドーバー海峡」とも呼ばれる言問通りにかかる橋として重宝されています。


(編集:東京大学UTLife)