東京大学公式の情報サイト「東大ナビ(UTokyo navi)」は、本学の部局や研究所が開催する多彩なイベントの情報を集約し発信しています。


みなさまこんにちは。毎日冷凍庫にいるような寒さで困っている方も多いでしょう。自宅や研究室にこもってついつい運動不足になってしまうこの季節。残念ながらどうしても登校し、外出しなければならなくなったとき、スマホから顔を上げ少しだけ視界を広げてみようと意識するだけで、私達が通う東大のルーツに出会うかも知れません。

今回は、本郷キャンパス銅像めぐりと題しまして、本郷キャンパスに数多ある銅像の中から2箇所3体紹介します。モデルの人柄、彼らにまつわる歴史を紐解くと、東大の起源と現在とのギャップを学べることでしょう。

まず、龍岡門の近く、薬学部の建物の隣にある丘にそびえる2体の銅像について解説しましょう。

20180209-1

薬学部の父
Dr. Leopold Muller 1824〜1893

明治新政府はドイツ医学の採用を決定し、ドイツ北部連邦公使に医学教師の派遣を要請しました。1871年8月、ミュルレルが来日し、下谷和泉橋の東校(東京大学医学部の前身)に着任しました。ミュルレルは1824年ドイツのマインツ生まれで、ボン大学とベルリン大学で医学を学び、プロシア陸軍軍医学校教官、普仏戦争では野戦病院長を務めました。文部卿(大臣)直属のミュルレルともう一人の来日者であるホフマンは、日本の医学教育に全権をもち、過酷な改革を行いました。約300名の東校の在学生は59名を残して退学とし(!)、新たに予科3年(翌年2年に変更)、本科5年の過程を定めました。また、薬学は医学と密接に連携する自然科学の独立分野であるとし、製薬学校設立を提案しました。これにより1873年第一大学区医学校に製薬学科(東京大学薬学部の前身)が設立されました。ミュルレルは3年間の契約終了後、1875年に帰国、1893年にベルリンで亡くなりました。三回忌にあたる1895年10月、日本の医学・薬学の恩人として胸像(制作 藤田文蔵)をこの高台に設置しました。胸像は戦後盗難にあいましたが、1975年に復元されました。

出典:銅像の案内板より

20180209-2

薬学の隆盛を支えた
下山順一郎 1853〜1912

1853年尾張犬山で生まれた下山は、1870年犬山藩の貢進生に選ばれ、大学南校(東京大学の前身)に入学しました。1873年9月学制の改正により、第一大学区医学校製薬学科(東京大学薬学部の前身)に転学し、1878年3月同学科の一期生として卒業、医学部第一回学位授与式では卒業生を代表して答辞を朗読しました。下山は1886年、かつて3年間留学したドイツのストラスブルク大学よりDoktor der Philosophie、1899年には日本で初めて薬学博士を授与されました。博士は1881年医学部助教授、1887年医科大学薬学科教授、1893年薬学第一講座(生薬学)教授として、教育・研究に尽力すると同時に、東京薬学会(現日本薬学会)の設立や、私財を投じた薬草園(是好薬園)の開設等を通じ、後輩の育成にあたりました。下山は、在学中の1912年2月急逝、先生を偲ぶために1913年薬学科教室玄関脇に銅像(制作 武石弘三郎)を設置しました。その後建物の整備に伴い、この場所に位置を変更しました。

出典:銅像の案内板より

次に、メトロ食堂と安田講堂をつなぐ坂道の中間にある1体の銅像について解説します。

20180209-3

東大創設期の偉人
濱尾 新 1849〜1925

濱尾は明治・大正期の教育行政家でした。但馬国豊岡藩士の子として江戸藩邸で生まれ、慶應義塾、大学南校で学びました。1873年アメリカに留学し、翌年帰国、東京開成学校長心得になり、以後同校長補、東京大学法理文三学部綜理補として、東京大学創設初期に尽力しました。1887年ケンブリッジ大学より栄誉学位を受け帰国し、文部省專門学務局長となりました。農商務省の東京農林学校を廃止して、帝国大学評議会と調整をはかり、農科大学設置に尽力しました。1893年文相井上毅の懇請によって、第3代帝国大学総長となりました。講座制を帝国大学に導入し、大学教授会自治の礎を築きました。1897年約2ヶ月間ながら松方内閣の文部大臣を務めました。女子教育の奨励などを唱えました。1905年第8代東京帝国大学総長となりました。総長在任は合計で11年間に及び、帝大総長を象徴する存在となりました。土木総長とも称され、大学キャンパスの整備、特に大学のシンボルとなる銀杏並木の植林を推進したとされます。1938年、遺功を称える濱尾像が建立されました。

出典:銅像の案内板より

今回ご案内した銅像は本郷キャンパスのご覧の箇所で見ることができます。今回ご紹介した以外にもキャンパス内にはたくさんの銅像がありますので、散歩がてら探しているのもいいでしょうね。

Hongo_bronze

いかがでしたか?東大薬学部、農学部はこのようにして設立されたことを、筆者は取材を通して初めて知ることができました。濱尾さんが居なければ東大のロゴはイチョウでは無かったかも知れません。東大に入学できたことが数少ない自慢話の1つだったのに、明治の動乱期に東大の基礎を確立していった先達の偉大さ、ハングリー精神に圧倒されて、なんだかちっぽけなことのように思えてしまいました。100年後の東大はどうなっているのでしょうね?

以上本郷キャンパス銅像めぐりでした!