東京大学公式の情報サイト「東大ナビ(UTokyo navi)」は、本学の部局や研究所が開催する多彩なイベントの情報を集約し発信しています。


前回の第一弾では、「Tlounge」「経済学研究科棟1階ラウンジ」「山上会館龍岡門別館前テラス」の3ヶ所を紹介させていただきましたこの企画ですが、今回はもう少しマイナーな場所を紹介しようと思います!新学期ももう少しで始まるので、夏休みの間にお気に入りの作業スペースを見つけておいて、最高のスタートダッシュを切りましょう!

健康と医学の博物館テラス
東大病院の向かい、御殿下グラウンドの隣に位置する健康と医学の博物館をみなさんご存知でしょうか。ご存知でないという方は以前の東大ナビの記事をご覧になってください (http://www.todainavi.jp/archive/11584/)。本郷通り側などと比べると、授業などで訪れる学生が少ないので比較的空いていて、かつ作業をして疲れた時に博物館で一服できるので、かなりの優良作業スペースです。ちなみに、春になると満開の桜がたくさん見られる場所でもあります。

campus_1

工学部5号館入り口脇休憩スペース
近場で有名な「Tlounge」は混んでいる、スタバに行くほどでもない、そんな時に活躍するのがこの場所。さほど広くはないですが、この棟を使う人以外あまり知らないスペースであり、こういった穴場的場所こそが、お気に入りの作業スペースになるかと思います。

campus_2

小柴ホール1階吹き抜け
東京大学が誇る、最新の自然科学研究における成果が様々なシンポジウムや講演などを通して集まる場所である小柴ホールですが、その内外にはちょっとした作業スペースになる場所がたくさんあります。それらの中でも、今回紹介する場所は入り口に面しているので、小柴ホールに来る名だたる研究者たちの会話を見かけることも多いです。そうした研究者たちの存在感に刺激を受けながら作業してみてはいかがでしょうか。

campus_3

今回は、マイナーな場所や、知っていても使ったことがなさそうな場所の魅力を紹介しました。みなさんも、場所性だけでなく、よく使うお気に入りの場所がお気に入りたる理由を持つような場所を探して、充実した大学生活を送りましょう!

Hongo_name_2